個人事業主の方がお金を借りる方法の詳細

> 個人事業主の方がお金を借りる方法

個人事業主の方がお金を借りる方法

個人事業主の方がお金を借りる方法はいくつかあります。銀行や日本政策金融公庫は個人事業者向けの融資を行っています。

特に日本政策金融公庫の融資は金額が大きく、利子もそれほど高くありません。ただしこの機関の融資を受けるには保証人や担保が必要になります。それから融資が決まるまで時間がかかることがあります。

個人事業主の方がクレジットカードを使って、お金を借りる方法もあります。この方法は利子は少し高いですが、担保や保証人が要らないというメリットがあります。いろいろな条件によって変わってきますが、融資までの期間も短いです。

個人事業主の方がカードローンを使ってお金を借りる場合は、使い道を詳しく尋ねられることはありません。

自分の事業のために使った借入金が少し余ったら、それを生活費に回すことも可能です。クレジットカードを作るのはそれほど難しくありません。個人事業主の方でも容易に作れます。

ただし一定の収入があることが条件になります。それから多めの金額を借りるときは(通常は50万円以上)、年収を証明する書類の提出を求められます。サラリーマンの場合は給与明細ですが、個人事業主の方の場合は納税証明書などを使うことができます。

カードローンの限度額は会社によって違います。おおむね100万円から500万円程度です。限度額は借りる人の年収によって決まります。

信販系や消費者金融系の貸金業者から借りる場合は、年収の三分の一を超える借入は出来ません。


ライタープロフィール
画像
名前 みな
性別 女性
誕生日 8月16日
出身地 東京都
自己紹介 消費者金融について色々と調べた内容を書き込んでいます。これからお金を借りたいとお考えの方向けの情報源となります。